ハプニングいっぱい、それって楽しい人生かも
by tentenmaru426
カテゴリ
全体
旅行記
以前の記事
2008年 07月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 03月
2006年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
carrie under..
from carrie underwo..
blackberry r..
from blackberry rin..
casablanca r..
from casablanca rin..
buzz rington..
from buzz ringtone ..
boost downlo..
from boost download..
Free Track P..
from Free Track Pho..
Free Rington..
from Free Ringtone ..
bet ringtones
from bet ringtones
batman begin..
from batman begins ..
att wireless
from att wireless
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フィレンツェ旅行での残り物

f0032874_12344177.jpg
パジャマ代わりのpumaのジャージ、アルノ川対岸の小さい靴屋で買ったマイシューズ、ワインと思って買ったベルギーのレッフェビール、サン・ジミニャーノの幻の白ワイン、「ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ」、イタリアのワインの格付けでは最高のD.O.C.Gを得ているんだそうです。期待できます。
f0032874_12412161.jpg

バッグとベルトはフィレンツェっ子御用達のようなはやっている店でもちろんセール価格でかったものです。
f0032874_12515978.jpg
イタリアのポルチーニ茸と言えば日本の松茸のようなもの、おみやげに乾燥のものがたくさん売られています。これはポルチーニ入りリゾットでした。説明がイタリア語でしたが想像で作ってみました。美味しかったですよ(^;^)/
f0032874_1259851.jpg

これが、フィレンツェの空港ですが、かなり古いでしょ!
そうなんですよ~~。私も行ってびっくりでした。
なんと2月2日から約3ヶ月修理のため閉鎖(@@)になりました。




f0032874_1325797.jpg

なんと言ってもフィレンツェのあるトスカーナ地方の景色が一番の残り物かな
以上です。
[PR]
by tentenmaru426 | 2006-01-30 13:06

塔の街、サン・ジミニャーノ 2006 1.9

貸切バスを仕立てて本日はトスカーナの珠玉の町々を巡ります。
キーンと冷え込んだフィレンツェを後にしました。
f0032874_209622.jpg

フィレンツェの西南54kmに位置する人口約7000人の小さな村。中世に建てられた数多くの塔が今でも残ることから「美しき塔のサン・ジミニャーノ」と呼ばれ、中世の面影が色濃く残っています。しびれました~~~
f0032874_20173369.jpg

上の写真はトーレ・グレッサという54mの街で一番高い塔からの眺めです。
広々としたトスカーナの丘陵地帯がすっばらしーい(^^)/






f0032874_20315540.jpg



親子サンで参加されました。とってもなかよしで微笑ましかったニャ~








f0032874_2035986.jpg
これはシエナのカンポ広場です。登った塔は100m、マンジャの塔です。
塔登りツアーのようですね、今日は。登った人は5人、ほかの根性なしは写真の左上のリストランテで休んでました。シエナは赤レンガの町並みが美しい城塞都市でした。
駐車場までが遠くて疲れました。登ってないのにね
[PR]
by tentenmaru426 | 2006-01-28 20:49

ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ

f0032874_2221160.jpgこれが名物のフィレンツェ風ステーキです。
トスカーナ特産のキアナ牛とオリーブオイルを使用したシンプルなものです。
脂身の含まれていない、肉分がほとんどのビフテキです。
かたーいんですが、厚い骨付き肉が香ばしく焼かれていて噛めばかむほど旨みが出てきて、
なかなか美味でした。
有名なトスカーナのキャンティワインとともにガツガツといただきました。
この店は前にも来たことがあってみんなで予約をしてタクシーでやってきました。
場所はベッキオ橋を渡ってふた筋目のすぐ左手にある「bibo」ビーボ、というトラットリアです。
おすすめです。
f0032874_22375963.jpg

「冷静と情熱のあいだ」という映画をご存知でしょうか?
竹之内豊とケリー・チャンでしたかの恋愛ストーリーなんですがフィレンツェがぶたいです。
映画では写真のようなバイクがいっぱい並んだ道やアルノ川に架かる橋、入り組んだ狭い路地、サンタ・マリア・ノベッラ駅、観光客が行かない教会などが出てきてフィレンツェに行かれる
際にはぜひ見てください。と言いたくなる(実際言いまくってますけど)映画なんですよね
ドゥオモのクーポラはあいにく修復中でしたが登れますのでーーf0032874_22561394.jpg







これがサンタ・マリアノベッラ駅です。ホテルは駅からすぐで便利でした。
[PR]
by tentenmaru426 | 2006-01-27 22:50

ボローニャでの半日

f0032874_0183048.jpg

これがボローニャ名物、柱廊(ポルティコ)
中世の都市計画によって建造されたアーケードが街中に張り巡らされている。
高さは2.66m,これは馬に乗ったまま通行ができるように、という設計だとか

サン・ペトロニオ大聖堂は
14世紀に建設が始まった壮大な建築。その後2世紀にわたって建築が続いたが
ヴァチカンからの干渉にあい頓挫してしまった。正面は未完成。
f0032874_20522969.jpg

大聖堂のあるマッジョーレ広場、取り囲む13世紀から16世紀の建築物、シンボル的な
ネプチューンの噴水、堂々とした広場美しい広場でした。


f0032874_0155135.jpg
[PR]
by tentenmaru426 | 2006-01-21 00:26

ボローニヤ到着 2006/1/6

1月6日に関空を飛びたってから約17時間、パリ郊外のシャルルドゴール空港を経由して、ようやくイタリア、エミリアロマーニャ州、州都ボローニャの空港に着いたのは、現地時間の22時過ぎでした。ヤーット着いた!

と、喜びもつかの間、スーツケースが1個、出てこない???

なんと、いわゆるロストバゲージです。夜も遅いし慌てて、手続きをしてようやくバスに
乗り込みホテルに到着とあいなりました。

大変ながーーーい、1日でした。
f0032874_1133375.jpg


バゲージカウンターでなにやらエースフランス特製、ロストバゲージ用のポーチを
渡され、ひとことのsorryもなく、明日のフィレンツェの宿泊ホテルを聞かれ
おしまい

でも、ラッキーなことにロストしたのは私のでした
f0032874_1124338.jpg

ホテルの窓からスケートリンクが見えクリスマス期間のイルミネーションがボローニャの夜を包み込んでいました。
[PR]
by tentenmaru426 | 2006-01-15 11:31

フィレンツェに行ってきます

明日、6日から今年初の海外でーす。

お昼のエールフランスなので大丈夫だとは思いますが、雪が~~~
近江八幡から明日、はるか動くかな?と心配の電話(--);

わかるわかる。。。

こちらも心配になって綾部からの人に雪どうですか?と聞いたら

雪は大丈夫。そんなに積もってないし

それより、奥さんが風邪でダウンとのこと・・・・・・
でも行く気満々!!!と聞いて一安心
いろいろあるな、今回は17人。


”冷静と情熱のあいだ”のDVDをレンタルして、バスの中でみてもらおーーっとm(^^)m

とりあえず行ってきます。
[PR]
by tentenmaru426 | 2006-01-05 22:59

はじめまして

若いときからなんどかチャレンジした日記や小遣い帳
たしか中学校のとき、友人と交換日記をしていたことを思い出した
小学校のときには文通をしていたこともあったな~

交換日記は卒業とともに、文通は確かクラブで忙しくなったからか・・・・・
なんとなく、いつのまにか多分こちらから終わってしまった

今、またどうして? なんてたいそうには考えずにはじめてみようと

新年携帯メールで届いたゴルフの打ちっぱなしの練習の誘いに”はいはい”と
答えている自分に気づき、送信者はどんな気持ちで送ったのかなあ・・・とか

商売熱心やな・・・とか

でもなぜか、せやな行かなきゃとガッツポーズなんかしてるんです

よろしくお願いいたします
[PR]
by tentenmaru426 | 2006-01-03 13:19